2014年3月26日

Q+リポート あれから25年・恩納村民の闘い

棚原キャスター「来年で戦後70年ですが、アメリカ軍基地は依然として生活を脅かす存在であり、さらに辺野古の埋め立ても待ったなしの状況。しかし、過去には、沖縄県民の粘り強い抵抗が基地計画を撤回させたケースもあります。」 三上キャスター「25年前、恩納...続きを見る

情報公開請求で明らかに 辺野古に警戒船100隻か

名護市辺野古沖の埋め立てに向けた作業が進むなか沖縄防衛局が業者向けに、作業内容を指示した仕様書の中に、「現地作業で見込む警戒船の数は100隻」などと記されていることがわかりました。 これは市民団体の情報公開請求によって明らかになったものです。「警...続きを見る

八重山教科書問題 教育長改めて県の権限を主張

八重山地区の教科書問題で、県の諸見里教育長は、26日、教科書無償措置法の改正案が成立すれば採択地区設定の権限は県教育委員会にあるとの見方を示しました。 25日、県選出の国会議員でつくる「うりずんの会」の要請の中で、文科省の前川初等中等教育局長...続きを見る

県工業連合会ら要請 県産資材 優先的使用を

県工業連合会らは、2014年度に着工する那覇港総合物流センターの整備工事に県産の建築資材を優先的に使うよう26日、県に要請しました。 県庁に川上副知事をたずねた沖縄県工業連合会の湧川会長らは「県経済の自立化のためには県産品の販路拡大や県内...続きを見る

ボーイング747 今月最終フライト記念イベントも

2014年3月いっぱいで日本の空から姿を消す旅客型のボーイング747型機。同機のタイヤや翼の一部が、那覇空港に展示されています。 展示されているのは、ウィングレットと呼ばれる翼の先端部分と、1機に18本付いている車輪の実物です。 全日空のボ...続きを見る

知事埋め立て承認 県「取り消し考えていない」

仲井眞知事の埋立承認について、県土木建築部の担当者は26日の県議会で「取り消すことは考えていない」との示しました。 26日の米軍基地関係特別委員会では、請願・陳情案件について県から説明がなされました。 このなかで、県土木建築部の末吉土木整備...続きを見る

前島小閉校式 卒業生ら学校の歴史ふり返る

2014年4月に久茂地小学校と統合する那覇市の前島小学校で25日、閉校式が開かれ、56年間の歴史に幕を下ろしました。 1958年に開校した前島小学校は、これまで6582人の卒業生を送り出してきました。25日の閉校式には卒業生や在校生などおよそ50...続きを見る

北欧の香りいっぱい ムーミンが那覇にやってきた!

世界中で愛されているムーミンの世界展が26日、那覇市のデパートで始まりました。 展示会のオープニングにはムーミンやスナフキンが登場。その愛くるしい姿に子ども達は大喜びです。 那覇市のデパートリウボウで始まった「ムーミンの世界展」は作者のトー...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.