2014年3月17日

事故から7カ月経過 HH60ヘリ墜落 県や村 現場調査

2014年8月、宜野座村のキャンプハンセンにHH60ヘリが墜落した事故で、事故から7カ月あまり経過した17日、県や宜野座村は初めて現場の立ち入り調査を実施しました。 県や宜野座村、それに沖縄防衛局や外務省の担当職員ら14人は、17日午前、アメ...続きを見る

普天間負担軽減 作業部会 地元自治体・関係省庁と意見交換

普天間基地の危険性除去策などを地元と話し合う負担軽減推進会議の第1回の作業部会が17日、東京で開かれました。 17日、総理官邸には防衛省の徳地防衛政策局長ら外務・防衛の担当局長と高良副知事が訪れ作業部会に臨みました。 作業部会は2月、安倍総...続きを見る

MICEシンポジウム「沖縄ならではのMICEを」

国際会議や見本市など、MICEの沖縄への誘致について考えるシンポジウムが、17日那覇市で開かれました。 シンポジウムで、県の前田光幸観光政策統括監はMICEを誘致するメリットについて、季節に左右されない安定した需要があることやビジネスマンや研...続きを見る

「15の春応援プロジェクト」携帯・タブレットを子どもたちに

県内の離島の小中学校を対象に携帯やタブレット端末などを上手に活用してもらうプロジェクトが始まります。 この計画は、高校進学などで島を離れる「15の春」にそなえ、携帯電話やタブレット端末を生活や学習に取り入れることで子どもたちの問題を解決する力...続きを見る

県内初の観察か池間島にオオモズ飛来

モズの仲間の野鳥で県内で観察されるのは非常に珍しい、オオモズが、15日、池間島の畑に現れました。 15日、オオモズが現れたのは収穫を終えたサトウキビ畑。枯れ枝の先端に止まってエサを探しながら羽を休めていました。 オオモズは体長24センチほど...続きを見る

HH60ヘリ墜落現場 県と宜野座村が立ち入り調査

2013年8月、宜野座村のキャンプハンセンにHH60ヘリが墜落してから、7カ月以上経過した17日県や宜野座村は初めてとなる現場の立ち入り調査を実施しています。 17日午前9時前、県や宜野座村、それに沖縄防衛局や外務省の担当職員ら1...続きを見る

県担当職員ソウルへ 基地跡地の土壌汚染対策を視察へ

基地跡地の土壌汚染対策などを担当する県の職員が、韓国国内の対応を視察するため、17日ソウルに向け出発しました。 ソウルに向かったのは、県環境政策課の職員ら5人で、ソウル特別市のアメリカ軍基地対策の担当部署を訪れ意見交換...続きを見る

八重山で海開き

八重山では16日、早くも海びらきを迎え、ひと足早い夏の到来を宣言しました。日本最南端、西表島の「トゥドゥマリの浜」で行われた海開き。 まず神事が行われ2014年1年間の海洋レジャーの安全を祈願したあと地元上原小学校の子どもたちが元気よく海...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.