2014年1月20日

名護市長選現職が再選 結果と今後を見る

辺野古への移設を最大の争点にした名護市長選挙は新基地建設反対を訴えた現職の稲嶺進市長が当選しました。 この選挙について行政学が専門の琉球大学法文学部の波平恒男教授にお話しを伺います。また、県政担当の島袋記者にも話を聞きます。 win...続きを見る

スポーツ部 さあ始動!FC琉球 平良拳太郎投手に聞く

こんばんは、スポーツです!今年からJ3でプレーをするFC琉球。勝負の1年、新しいメンバーとともに新チームが始動しました。 薩川了洋監督「ハングリー精神はどこよりもあると思っている。1年がんばろう!とにかく!いいかね」 J3元年。大きくメンバーが入れ...続きを見る

名護市長選 稲嶺現市長当選

稲嶺さんは、辺野古移設に反対し、再編交付金に頼らない街づくりを訴え、辺野古推進を訴えた新人の末松文信さんに4000票あまりの差をつけ当選しました。 仲井眞知事は去年12月、辺野古の埋め立てを承認していて、今回は、地元の名護市民がこれをどう判断するかが...続きを見る

名護市長選 現職稲嶺進さん再選

普天間基地の辺野古移設問題を最大の争点に19日行われた名護市長選挙、現職の稲嶺進さんが当選しました。改めて辺野古移設反対の決意を述べました。 稲嶺さんは「地元が県民がこれだけ嫌がっているんだという、それ(辺野古移設)は白紙に戻す」と話して...続きを見る

きょうは大寒沖縄も冷える

20日は、二十四節気の最後となる大寒です。沖縄地方も暦通りさむい一日と、なっています。 この大寒から、立春の前日までの期間は暦の上では1年で最も寒い時期とされこれを過ぎると厳しかった寒さはゆるみ始めるとされています。 沖縄の最も平均気温...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.