2014年1月16日

シリーズ名護市長選挙4 あれから5度目の市長選・東海岸の苦悩

草柳キャスター「シリーズ市長選。今日は名護市東海岸。辺野古に計画される基地に面している13の区についてです。ここに住む有権者は3200人余りで市全体の7%しかないんですが、実際に運用が始まると、圧倒的に影響を受ける地域です。」 比嘉キャスター「し...続きを見る

今年の4月で楽園の海コーナー10年目

三上「楽園の海、案内は水中ビデオカメラマンの長田勇さんです。よろしくお願いします。そしてあけましておめでとうございます。今年1回目なんですが、なんと今年の春でこの楽園の海のコーナーが10年目に入るんです。」 長田「そうですね!自分でも...続きを見る

名護市長選 きょうから三日攻防 舌戦展開

普天間基地の辺野古移設問題を最大の争点とする名護市長選挙。現職と新人の一騎打ちは16日から三日攻防、舌戦は激しさを増しています。 市長選に立候補しているのは、前の県議で新人の末松文信さん(65)と現職の稲嶺進さん(68)の2人です。 辺野古移設推進...続きを見る

サッカーチーム続々!ガンバ大阪も沖縄入り

サッカーJ1に再昇格を果たしたガンバ大阪の選手とスタッフが、キャンプのため16日、沖縄入りしました。 沖縄入りしたのはガンバ大阪の選手とチームスタッフらおよそ40人です。選手が那覇空港に降り立つと、日本代表の遠藤選手らを一目見ようと集まったファンや、...続きを見る

沖縄県母子保健大会 母と子の健康 地域で支える

助産師や保健推進員らが今後の母子保健の支援などについて考える県母子保健大会が16日、宜野湾市で開かれました。 式典で県小児保険協会の玉那覇栄一会長は「現代の家庭環境の問題の一つに若い母親の孤立と育児への不安がある。地域の支えが必要だ」と話しました。 ...続きを見る

八重山教科書問題 教育委「採択地区分割」照会

八重山地区の教科書採択問題で、県教育委員会は15日、同じ意見の市町村ごとに採択地区を分割できないかなど6項目の質問状を、文科省に意見照会することを決めました。 文部科学省は、八重山地区で選ばれた育鵬社版の公民教科書ではなく、東京書籍版の教科書...続きを見る

駐日カンボジア大使 観光通じ沖縄との交流を

宜野湾市で開かれている日本・アセアン観光交流会議に参加するため沖縄を訪れているカンボジアのモニラット駐日大使が県庁を訪れ観光を通じた沖縄との交流に意欲を示しました。 ハオ・モニラット駐日大使は、高良副知事と面談し「カンボジアはかつて悲惨な...続きを見る

美ら島サッカーキャンプ始まる

サッカーの国内外トップチームのプレーヤーが集まる美ら島サッカーキャンプが2014年も始まります。15日県庁で開かれた会見では、県サッカー協会やクラブ関係者が、キャンプへの意気込みを語りました。 県サッカー協会具志堅朗会長は「(キャンプをきっか...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.