2013年8月14日 18時31分

宜野湾市議会が抗議 墜落事故・オスプレイ配備に怒り

News Photo

14日、宜野湾市議会の議員らがアメリカ総領事館を訪れ、墜落事故の原因究明を求めるとともに、オスプレイの追加配備に抗議しました。

アメリカ総領事館を訪れた議員らは、強行配備されたオスプレイの即時撤去と、キャンプハンセンでのヘリコプター墜落事故の原因究明の公表を求めました。

.

マット・オコーナー主席領事は、「墜落事故の原因究明には数か月かかるが、結果は必ず公表する」と明言したものの、オスプレイの強行配備については「日米両国の合意事項」として議員らの求める即時撤去については、言及しなかったということです。

呉屋勉議長は「根気強く粘り強く日米両政府や関係機関へ即時撤去にむけての抗議の要請のためにもずっと声を上げ続けていかなければならない」と話していました。

議員らは14日、沖縄防衛局にも同様の要請を行いました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.