2013年6月29日 17時55分

恩納村 サンゴ礁保全で国際会議

News Photo

地球温暖化の防止やサンゴ礁の保全に関する国際会議が29日、恩納村で開かれています。

観光資源でもあるサンゴ礁は地球温暖化による海水温度の上昇によって白化の影響を受けていて、国際会議では環境と共生した持続可能な対策について考えます。

沖縄科学技術大学院大学で開かれた会議に出席した石原伸晃環境大臣は「温暖化対策や環境対策は複合的にやっていかなければならない。再生可能エネルギーの活用や、低炭素型の社会の構築が必要」と述べました。

このあとのパネルディスカッションには沖縄出身のアーティスト今井絵里子さんも加わり、自身の経験をもとに沖縄の海の素晴らしさを伝えました。国際会議は30日まで開かれます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.