2013年4月15日 18時34分

公共交通機関を利用しやすい環境を!

News Photo

那覇市と那覇バスは15日から、新路線を使った実証実験をスタートさせました。

実験では南風原町から那覇市おもろまちまで、モノレールを利用できない地域に実験用の新路線を新設し、利用客に対しアンケート調査を行い質の高い公共交通を目指そうというものです。

出発式のあと、那覇市の職員とバスガイドたちは「平和通り」で実験スタートを告知するチラシをくばり、新路線利用を呼びかけ路線バスの利便性をPRしました。

この実証実験は7月13日までの90日間にわたって実施され、那覇市では2016年を目途にバスレーンやバス停の整備を進めていく方針です。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.