2013年3月31日 17時46分

新石垣空港 待望のB-767初就航

News Photo

3月7日に開港した新石垣空港に、3月31日、待望の中型機が就航し、セレモニーが行なわれました。新石垣空港では、3月31日午後、2000メートルの真新しい滑走路に、受け入れ可能となった東京からの中型機、全日空のボーイング767が初めて飛来しました。

ターミナルは、従来のジェット機より乗客が100人ほど多い、およそ270人の家族連れや観光客、帰省客が降り立ちました。

中型機の就航を祝うセレモニーでは、中山義隆石垣市長が、「観光へのインパクトも大きく、地元の特産品を県外に送る体制が整った」と喜びを語りました。

中型機は当面、東京を結ぶ1往復となっていますが、石垣市では、今後、関西や福岡など他の大都市圏との路線開通にも期待を寄せています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.