2013年3月29日 18時31分

「主権回復の日」式典 県議会 抗議決議一本化ならず

News Photo

結局、足並みは揃いませんでした。

県議会の与野党で協議が続いていた「主権回復の日」式典への抗議決議案は29日「抗議」や「反対」といった文言を含む野党案が可決されました。

「主権回復の日」式典の抗議決議をめぐって、自民党は「すでに政府や党本部に要請している」として決議文の表題などに「抗議」や「反対」といった文言を入れることに難色を示し、独自案を提出しました。

自民党は29日午前と午後に議員総会を開き、他の会派から出された案との一本化について議論しましたが、あくまでも自民党案での審議を求めました。

これを受けて開かれた総務企画委員会で、自民党と野党案の2つの議案について採決が行われ「式典開催に反対し、強く抗議する」との野党案を採択。このあとの本会議では自民党が退席する中、野党案が可決されました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.