2013年2月25日 18時50分

THEスポーツ プロ野球オープン戦 県勢選手は

プロ野球春季キャンプの仕上がり具合を見るオープン戦が土曜、日曜の二日間、県内で10試合が行われ、開幕を前にセ・パ激突など、見応えたっぷりのカードにプロ野球ファンが盛り上がりました。巨人宮国投手など、県勢選手の活躍を中心にお伝えします。

観客「わくわくドキドキです。なかなかロッテの試合は見ることができないものですから毎年来てるんですよ。」

観客「楽しみにしてたんで早く開幕してほしいです」

観客「楽しみですね」

観客「シーズンに向けて期待できるところを見せてほしいですね」

観客「見てて楽しい、そういう試合が見たいですね」

News Photo

沼尻アナ「いよいよオープン戦が始まります。沖縄でプロ野球の試合が見られるとあって、球場には多くのファンが集まっています。」

土曜、日曜日の二日間行われたプロ野球オープン戦!各球団にとっては、キャンプの総仕上げ、そして今シーズンの主力選手を見極める戦いであるとともに、選手にとっては、1軍での活躍をアピールする大事な戦いです。

土曜日の中日対ロッテ戦、期待の伊志嶺翔大選手の出番はなかったものの、伊志嶺は、翌日の横浜戦に先発、しかし、3打数ノーヒット。結果を残すことができませんでした。

一方、土曜日、浦添のヤクルト対楽天戦では、ヤクルト2年目の比屋根渉選手や楽天の伊志嶺忠捕手、そして9回にはルーキー島井寛仁選手が代走でプロデビューしました。

伊志嶺翔大選手「オープン戦行って、あまり結果が良くないんで、結果というか内容が良くないんで、これからどんどん試合が増えていくんですけど、修正してもっとアピールしていきたいと思います。」

そして、オープン戦、沖縄のファンの一番の注目はこの人!巨人3年目、宮国椋丞投手。

宮国椋丞投手「地元で投げさせてもらえたのでそれが非常に嬉しいです。きょうのテーマはゼロ0点に抑えることだけを考えて投げました。」

去年に続き、沖縄でのオープン戦開幕投手となった宮国は、初回、先頭バッター広島の菊池から、初球141キロのストレートでストライクを奪うと、最後は132キロ、緩急をつけた変化球で三振に切ってとります。

この日は、糸満高校の後輩たちや宮国投手の両親も観戦に訪れました。

宮国投手の父「去年(のオープン戦)に比べたら、落ち着いて投げているかなと」

宮国投手の母「母親としては、良く頑張っているな~だけですね」

News Photo

宮国投手の父「1年間投げ切れる体力をつけてもらえれば、成績はついてくると思っているので、ケガなくやってもらえればいいかなと思っています」

その宮国投手に先週木曜日、話を聞いてきました。

宮国投手「(Q.プロ野球3年目のキャンプ終盤ですが仕上がりはどうですか?)そうですね、去年よりはいい感じに順調に来てます。身体の面も技術面もいい感じで上り調子できてます。」

宮国投手「(Q.地元沖縄からシーズンを始められることに特別な思いとかはありますか?)沖縄からシーズンが始まるんですけど、オープン戦とか初めて1軍の試合で投げたところがここ奥武山だったので。沖縄の方々から声援をもらってシーズンが始まるというのはとても嬉しいことです。」

宮国投手「(Q.いよいよ3年目のシーズンが始まりますがそれにむけて決意を。)今年も沖縄の方々に良いピッチング、良いプレーが見せられるように頑張りたいと思います。」

3イニングを投げたこの日の宮国。二つのフォアボールと、1安打を許しましたが要所を締め無失点!最速145キロもマーク。仕上がり順調、開幕一軍ローテ入りに確かな手ごたえを感じるピッチングでした。しかし本人はやや辛口。

News Photo

宮国投手「あまり納得のいくピッチングができなかったので(点数つけるなら)40点とか50点くらいだと思います。今年は去年より、成長した姿を地元の人に見せたかったんですけどそううまくはいかなくて。」

宮国投手「去年もここ地元沖縄からスタートさせてもらったので、今年もここ沖縄でスタートできたのがとてもうれしいですね。」

ところで、試合は広島が9回に巨人のエラーがらみで3点を奪います。そのウラ巨人でしたが、ジャイアンツファンの思い届かず敗れています。

子どもたち「巨人は負けたけど、うんとね~。観られてうれしかった。結局っていう感じだった。フフフ。期待が裏切られました」

News Photo

一方、きのうソフトバンクのオープン戦でプロ初登板を飾ったのは東浜巨投手、2番手3回から登場すると、2イニングを投げて1安打無失点に抑える快投を見せました。

東浜巨投手「キャンプでやってきたことを出していこうと。結果にはこだわらずに自分のやるべきことをやろうという思いでマウンドに立ちました。どのボールが通用して、どのボールが通用しないのかというのを確かめたかったので、そういった意味でもいい登板になったと思う」

勝敗よりも、選手それぞれの活躍に注目が集まるオープン戦!贅沢な二日間に沖縄のファンも酔いしれました。

観戦した人「(宮国投手は)素晴らしいピッチングでゼロに抑えてくれたのでよかったです。」

観戦した人「普段巨人軍の選手は、沖縄で試合が観られないので、それを沖縄でこう間近で応援することができてうれしかったです。」

観戦した人「やっぱりオープン戦は、沖縄で一流の選手が観られるので、とても毎年楽しみにしています。」

観戦した親子「やっぱりすごかったですね迫力があって、なかなか見られないんで良かったです。」「すごかった!」「迫力満点だね!」

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.