2013年2月25日 18時44分

辺野古埋め立て問題 名護漁協への同意申請の動きは

News Photo

普天間基地の辺野古移設計画で政府は3月にも埋め立て申請を行う方針です。埋め立てが予定されている辺野古地域の漁業権を持つ名護漁業協同組合には今のところ沖縄防衛局から正式な同意への求めはないということです。

古波蔵広名護漁協組合長は「来月、3月いっぱいで、(埋め立て)申請出すという話(報道)あるが、私の方には、同意書の申請をいつするということは、まだ来ていません。」と話します。

また、防衛省関係者によりますと、現在、国と漁協側とでは漁業補償の条件面で、折り合いがついておらず、交渉が続いているということです。

また、政府が辺野古移設計画を早期に進めようとしていることについて仲井真知事は、正式な申請が政府から来た上で報告したいと話しています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.