2013年2月1日 18時43分

オスプレイ配備で安倍総理大臣 「沖縄差別とは考えていない」

News Photo

1日の参議院本会議で、安倍総理大臣は、オスプレイの沖縄配備について、「差別とは考えていない」との認識を示しました。

参議院の代表質問で、社民党の福島瑞穂党首は安倍総理に対し、1月28日に沖縄の要請団から建白書を受け取ったことについて次のように質しました。「『危険なオスプレイは沖縄差別以外のなにものでもない』という建白書について明確な回答をしてください」

これに対し安倍総理は「オスプレイの配備は我が国の安全保障にとって大変有意義な意味がありますが、その運用に際しては地元の皆さまの生活への最大限の配慮が大前提です」「その安全性は十分に確認されているものと認識しており、その配備が沖縄に対する差別だとは考えていません」と答弁しました。

また安倍総理は、普天間基地の移設については、抑止力維持の観点から重要だとして、今後も日米合意通りに進めていく考えを改めて強調しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.