2013年11月27日

美ら島Woman 琉球の伝統の味守る~謝花久乃さん~

沖縄の元気な女性を応援する「美ら島ウーマン」きょうは謝花きっぱん店6代目のの謝花久乃さんです。 謝花久乃さん「私はおばあちゃん、4代目の祖母の背中を見て育ってますので本当にきっぱんと冬瓜漬けに育てられたと思います。真剣な仕事の取組みですとか、お客様と...続きを見る

自民党県連 「辺野古」へ方針転換

自民党県連の照屋幹事長は「県外移設を求めていく余地はない」「現状に至っては、我々が県外移設を求めていくことをやればやるほど固定化の方向につながっていくという危機感があって」と話します。 普天間基地の移設を巡り自民党県連は27日議員総会を開き辺野古移設...続きを見る

一方那覇市議は自民の14人「県外」堅持

先日辺野古移設容認に転じた国場幸之助衆議院議員が支部長を務める自民党沖縄1区の役員のうち14人が、27日緊急会見を開き、辞任を表明しました。 金城徹副支部長は「選挙の公約の中で明確にしてきたという経緯があります。(国場議員が発言した)このように一...続きを見る

名護市「意見」提出 埋立承認しないよう求める

一方、県庁を訪れた名護市の稲嶺市長は、自民党県連の方針転換を受け、「情けない」と述べた上で、知事に対しては改めて、埋め立てを承認しないよう求めました。 名護市の稲嶺市長は、27日午後県庁を訪れ、22日に市議会で可決された名護市辺野古沖の埋め立てを承認...続きを見る

県議会野党4会派 「知事の選択は不承認のみ」

県議会の野党4会派は知事の選択は不承認以外ないとする緊急声明を発表しました。声明を発表したのは社民・護憲ネット、県民ネット、共産党、社大党の4会派です。 仲宗根悟野党会派団長は、「名護市長意見は埋め立てを承認しないよう県に求めるもので、辺野古移設...続きを見る

県議会11月定例会 埋立申請 知事の判断巡り議論

11月定例県議会が27日に開会しました。知事の判断が注目される名護市辺野古沿岸部の埋め立て申請をめぐって、論議が本格化します。 県議会では冒頭、会期を12月19日までの23日間と決めた後、仲井真知事が総額55億7669万3000円の一般会計補正予...続きを見る

今年もお世話になりました お歳暮商戦スタート

2013年も残すところあと1カ月あまり。那覇市内のデパートでは27日にお歳暮コーナーがオープンしました。 那覇市のデパートりうぼうでは、お歳暮コーナーのオープンに合わせセレモニーも開催。会場には、例年人気のジュースやそうめんなど、2012年よりも...続きを見る

比嘉南牛さん個展 自由な作風 篆刻や陶器にも

書道家・比嘉南牛さんの初めての個展が27日から浦添市美術館で始まりました。 学生時代から本格的に書の道に入り、日展にも入選経験のある比嘉南牛さんの個展にはおよそ180点の作品が展示されています。 比嘉さんの作品は書だけにはとどまらず、石に字...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.