2013年8月23日

ゆいレール10周年! 将来の展望は

今月、開業10周年を迎えた沖縄都市モノレール、「ゆいレール」。この10年で、県民や観光客の移動手段としてすっかり定着しました。開業以来の大事業、浦添への延長を6年後に控えた、「ゆいレール」の将来像を探ります。 こんにちは。8月23日金曜日のニュースQ...続きを見る

宜野湾市長 防衛大臣に要請 西普天間地区 跡地利用促進を

西普天間住宅地区の返還を前に宜野湾市の佐喜真市長が23日、小野寺防衛大臣を訪ね、立ち入り調査や財政支援を要請しました。 佐喜真市長は小野寺防衛大臣に対し、2014年度に返還が予定されている西普天間住宅地区の跡地利用を進めるためにも、環境影響評価や...続きを見る

市議会議長会 オスプレイ配備抗議決議を可決

県内全市議会の議長が参加する定期総会が23日に開かれオスプレイ配備に対する抗議決議を可決しました。 23日の総会ではオスプレイの配備について「断じて容認することはできない」とする抗議決議が可決されたほか、日米地位協定の抜本的な見直しを求める議案が...続きを見る

知らぬ間に沖合いへ… 危険な「離岸流」理解を

水難事故に繋がる「離岸流」を知ってもらおうと23日、報道関係者を対象とした体験会が開かれました。 離岸流とは、沖合に向かう潮の流れのことで、局所的に強い引き潮が発生するため知らず知らずのうちに沖合へ流されてしまう現象。水難事故に繋がる危険性があり...続きを見る

中国語会話を実践! 台湾の高校生と交流深める

中国語を勉強している県内の高校生が、23日、台湾の高校生との交流を深めました。 八重瀬町の向陽高校では中国語を学ぶ生徒たちの実践の場を設けようと2011年から台湾の高校との交流を続けていて、23日、台湾の高校生らを沖縄に招き交流会を開きました。 ...続きを見る

米軍ヘリ墜落事故 宜野座村民1100人が抗議の声上げる

8月5日に宜野座村のキャンプハンセンで、アメリカ軍のHH60ヘリコプターが墜落した事故で、22日に事故に抗議する村民大会が開かれました。 宜野座村の當眞淳村長は「我々は自らの生命や財産、そして生活を守るために村民大会を開催しているのです」と挨拶し...続きを見る

日米共同訓練 オスプレイ使用し10月に滋賀県で実施へ

日米両政府は2013年10月、オスプレイを使用した共同訓練を滋賀県で行う方針を固めました。 訓練には普天間基地に配備されたオスプレイが使用され、およそ2週間にわたって滋賀県の陸上自衛隊饗庭野演習場で行われる予定で、上空で停止しているオスプレイから...続きを見る