21 / 22« 先頭...10...202122

2013年5月2日

日台漁業協定 水産庁2回目の説明会

日台漁業協定締結問題で、水産庁の2回目の説明会が2日に那覇市内で開かれましたが、漁業者を納得させる材料はなく、漁業者は「沖縄を軽視したものだ」と激しく反発しました。 水産庁の説明会には、漁業者およそ150人が詰めかけました。冒頭、本川一善水産庁長...続きを見る

QABカメラが撮影 名護市沖合でジュゴン

2日午前、名護市天仁屋の沖合で1頭のジュゴンが泳いでいるのをQABのカメラがとらえました。 2日午前11時半ごろ、名護市天仁屋にある通称バン崎近くの沖合で上空から撮影をしていたQABのカメラが1頭のジュゴンをとらえました。 ジュゴンは沖縄の...続きを見る

見ましたか? 太陽に「光のリング」

2日、本島地方の各地で、太陽に光のリングがかかる現象が見られました。この現象は太陽の暈、日暈(ひがさ)といい、上空の薄い雲の氷の粒が太陽の光を屈折させて出来た現象です。 2日、本島地方は朝からよく晴れて、低い雲がほとんどなかったことや、上空まで晴れて...続きを見る

QAB制作「標的の村」 ギャラクシー賞テレビ部門入賞

東村高江のヘリパッド問題からオスプレイの配備までを描いた琉球朝日放送制作のドキュメンタリー「標的の村」がギャラクシー賞テレビ部門で入賞しました。 「標的の村」はアメリカ軍のヘリパッドの建設に反対する高江区の住民の苦悩を5年間追いかけた作品で、ドラ...続きを見る

伊江村 パラシュート訓練 民間地に降下

1日アメリカ軍が伊江村で行ったパラシュート降下訓練でアメリカ兵1人が提供施設を外れ民間地に着地していたことがわかりました。 伊江村役場によりますと、1日午前10時過ぎ、基地の上空でパラシュート降下訓練をしていたアメリカ兵6人のうち1人が、...続きを見る

日台漁業協定 水産庁 2回目の説明会

日台漁業協定締結問題で、水産庁の2回目の説明会が開かれ漁業者からは沖縄軽視だ、納得できないと厳しい意見が相次ぎました。 水産庁の2回目の説明会には、漁業者およそ150人が参加。冒頭、本川一善水産庁長官は、協定の撤回や見直しは難しいとした上で、...続きを見る

ハブ咬症注意報発表

連休中、レジャーに出かける機会も多くなりますが暖かくなるこの時期は、ハブの動きも活発になるため、県では注意を呼びかけています。 県福祉保健部ではこの時期、ハブの動きが活発になることから、毎年5月1日に「ハブ咬症注意報」を発表して注意を呼び掛けてい...続きを見る

2013年5月1日

Qリポート 憲法より上?日米地位協定

きのうから始まりました憲法特集、きょうは「憲法と地位協定」について。 66年前、敗戦直後の日本に誕生した日本国憲法は、国民の人権を補償し、戦力を持たないことを定めています。そして第98条は、憲法が国の最高法規であると規定するとともに「日本国が締結した条約...続きを見る

風しんに注意を!

風しん、三日ばしかが首都圏から全国に拡大しています。県内では4月までに11例の報告があり、県福祉保健部ではワクチンの接種を受けていない妊婦や男性に注意を呼び掛けています。 妊娠前期の妊婦が風しんウイルスに感染すると、生まれた赤ちゃんの心臓や耳、目...続きを見る

那覇市では予防接種を助成

那覇市の翁長市長は1日に会見を開き市内で発生した患者5人の内4人が、本土への渡航歴がないなど、市内でも風しん流行の兆しがあるとして、妊娠を希望する女性などを対象に、予防接種の費用の一部を助成することを明らかにしました。 対象となるのは、妊娠を...続きを見る


21 / 22« 先頭...10...202122

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.