2012年12月12日 18時45分

北朝鮮ミサイル発射 そのとき県内では

今日午前9時49分ごろ政府により北朝鮮の事実上のミサイル発射が発表されます。

それから6分後の午前9時55分。県庁の防災危機管理課ではミサイル発射の情報を知らせるJアラートが作動しました。

石橋記者「県庁の防災危機管理課では北朝鮮のミサイル発射を受け騒然とした状況になっています」

PAC3が配備されている石垣市では市内すべての小中学校などに対し屋内に避難するよう呼び掛けられます。

石垣市 中山市長「実際に発射という行為を行ったこと自体非常に今後もいろいろな意味で懸念されると思う。改めて今回の発射に抗議したい」

同じくPAC3が配備されている宮古島市。市役所では職員と自衛隊の派遣部隊が対応に追われました。

そして、午前10時01分に沖縄上空を通過したとみられるという情報が入りました。

大矢記者「北朝鮮による事実上のミサイルが上空を通過した那覇市では、いつもと変わらない落ち着いた状況が続いています。」

男性「うそ?ほんと?発射台から外しているというから大丈夫たと思っていた。」

女性「びっくりしますよねあんなに早く飛んじゃうんですね。」

金武町では稲刈り体験にきた沖縄市の小学生が急きょ近くの公民館へはだしのまま避難。不安な表情を浮かべていました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.