2012年12月6日 18時33分

県議会で仲井真知事 「事件事故続けば安保にも影響」

アメリカ軍兵士による相次ぐ事件事故を受け、仲井真知事はこの状態が続くと安全保障条約にも影響が出るとの見方を示しました。これは6日の県議会代表質問で、県民ネットの赤嶺昇議員の質問に答えたものです。

仲井真知事は、アメリカ軍兵士による事件事故が相次いでいることについて「あってはならない、極めて遺憾だ」と述べ「日米安保にも影響が出ると思うか」との質問に対しては「それについては、それがでかねないと、私も考えている1人であります」と答えました。

またオスプレイが学校や住宅密集地の上空で頻繁に飛行していることについて、県は「飛行経路や夜間飛行の実態調査を行い、政府の責任で説明するべきだ」と述べました。

県は今後もオスプレイの配備計画の見直しを求めていく方針です。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.