2012年12月4日 18時41分

10月 完全失業率わずかに改善

10月の県内の完全失業率は5.9%で、2011年の10月に比べ0.3ポイント減少し、わずかに改善しました。

県のまとめによりますと、10月の県内の就業者数は63万6000人で、2011年の10月に比べて、1万4000人増加しました。

また、完全失業者数は4万人で、2011年の10月に比べて、1000人減少しました。これにより、完全失業率は5.9%となり、2011年の10月に比べて、0.3ポイント減少。わずかに改善しました。

また、求職者1人につき、何人の求人があるかを示す有効求人倍率は0.41倍で、5月以降、横ばいとなっています。

一方、新規求人数は5279人と、2011年の10月に比べて、415人増加し、12カ月連続の増加となっています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.