2012年10月10日 11時44分

県議会オスプレイ問題 高江ヘリパッド使用考えられる

東村高江地区に建設が進められているアメリカ軍のヘリ離着陸帯に関し、県は「オスプレイが使うことも考えられる」との見解を示しました。

10日の県議会米軍基地関係特別委員会ではオスプレイの強行配備に関する問題に質疑が集中しています。このなかで社民・護憲ネットの新里米吉議員は、高江でのヘリ着陸帯をオスプレイが訓練に使用する可能性を県に質しました。

これに対して県の又吉進知事公室長は「環境レビューにも明記されていることからオスプレイのヘリパッド使用は考えられる」と答えるとともに、県としてはあらためてオスプレイの配備に反対する見解を示しました。

さらに吉田勝広議員の金武町での訓練回数についての質問に、知事公室長は「しっかり検証したい」と答えました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.