2012年9月29日 11時46分

台風17号 暴風雨厳重に警戒を

非常に強い台風17号は沖縄本島地方を暴風域に巻き込みながら、北上しています。29日午前10時現在、本島地方に最接近していると見られ、まもなく吹き返しの暴風が予想されます。厳重に警戒してください。

非常に強い台風17号は、29日午前10時には那覇市の西北西およそ40キロの海上にあって、1時間に25キロの速さで北東に進んでいます。

中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルです。

草柳記者は「那覇市内午前7時です。取材中に動けなくなりました。今、木の枠につかまっていますが、猛烈な風で前に進めません」とレポートしました。

渡嘉敷島では午前7時51分、最大瞬間風速58.9メートルを観測しました。

この台風の強風により、那覇市では軽乗用車が横転し、女性が頭を打ってけがをしています。県内では少なくとも30人のけが人が出ています。また、南城市でプレハブが倒壊したり、那覇市でマンションの給水タンクが飛ばされるなどの被害が出ています。

台風は29日午前10時現在、本島地方に最接近しているとみられ、今後さらに速度を速めながら、北上すると予想されています。29日午後からは急な吹き返しの暴風に厳重に警戒してください。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.