2012年9月24日 18時33分

仲井真知事 オスプレイ配備中止を要請

仲井真知事は森本防衛大臣と面談しアメリカ軍が計画しているオスプレイの沖縄配備を中止するよう要請しました。

仲井真知事は防衛省に森本大臣を訪ね政府のオスプレイ安全宣言に対し「航空機の安全性は人的要因による事故を防止する方策が十分に確立されなかければ確保されず安全対策の実施がアメリカ軍の裁量にゆだねられたままでは実行性は担保されない」と指摘しました。

そしてオスプレイの配備が普天間基地の危険性を増大させ、9日の県民大会で示されたように県民の容認は限界に達していると配備の中止を強く求めました。

仲井真知事は「なんとかこれは思いとどまってもらいたい。普天間基地の移設は政府の仕事であり、進まない中での機体の移動は理解できない。」と話します。

これに対し森本防衛大臣は一番大事なのはアメリカとどう約束できるか。だと述べ特定の兵器システムの導入について具体的な運用基準を合意するのは初めてと成果を強調し理解を求めました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.