2012年9月21日 18時30分

市民団体 森本大臣との会談拒否を要請

オスプレイの「安全宣言」を伝達のため、森本大臣が沖縄を訪問するとの報道を受け、市民団体が仲井真知事の「会談拒否」を求めました。

辺野古新基地建設を許さない市民共同行動の伊波義安代表は「事故を起こしているわけだから安全であるわけがないんですよ。そこで安全宣言をして、沖縄に安全だよと言いに来るんですから」と訴えます。

市民団体のメンバーらは、来週に予定されている森本大臣との会談を仲井真知事が拒否するよう求めました。そして崎浜秀夫さんは「沖縄県が何を言おうが、県民大会やろうが何しようが、全く関係ないと。もう決まったと。そしてもう飛ばし始めていると」

秋山勝さんは「配備のための通告であれば会う必要がないということで」「県民はそれを支持しますよ」と話しました。

対応した古波蔵健基地防災統括監は「政府から具体的に何日と連絡は受けていない」としたうえで、「要請はきちんと知事に申し伝えたい」と返答しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.