2012年9月20日 18時34分

スリランカの中学生 沖縄での交流活動を報告

沖縄からおよそ5400キロも離れた島国スリランカから中学生たちがやってきました。

スリランカの中学生ディルミさん(14歳)は「こんな美しい島に来れて幸せです。私たちは未来のために命、平和を守るアジアの架け橋をつくるチームです」と話しました。

教育庁にあいさつに訪れたのは、インドの南にある島国スリランカの中学生たち。9月13日から県内で開かれている「命と平和」をテーマにした「アジアの架け橋」プロジェクトに参加し、沖縄の子どもたちと交流したり、沖縄戦の歴史を学ぶなどしてきました。

大城浩教育長は、30年間の内戦を経験したスリランカと沖縄には共通点があるとして「沖縄の『命どぅ宝』や『いちゃりばちょーでー』という平和の言葉をぜひ覚えてください」とあいさつ。

最後にスリランカの歌をプレゼントした子どもたちは、その後も沖縄の思い出話で盛り上がっていました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.