2012年7月30日 18時32分

台風9号 勢力増しながら北上

台風9号は、発達しながら沖縄の南の海上をゆっくり北上していて暴風域もできました。先島諸島では次第に風が強まっていて注意が必要です。

台風9号は午後6時には沖縄の南の海上にあって1時間に10キロの速さで北北西へ進んでいます。中心の気圧は980ヘクトパスカル中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで中心から半径440キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

また現在、台風9号には暴風域もできています。石垣島や宮古島では次第に風が強まっていて、石垣市の登野城漁港では漁船を係留するなど台風に備える姿がみられたほか島々を結ぶフェリーなど船の便に欠航も出始めています。

台風9号は、今後発達しながら北上を続けあすから2日にかけて先島諸島に接近し1日から2日かけては勢力も非常に強くなる見込みです。またあすから大潮の期間に入るため、先島地域では高潮にも注意が必要です。

気象台では、発達した雨雲で大雨の恐れもあるとして早めの対策をとるよう呼びかけています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.