2012年5月14日 19時57分

復帰教育講演会 「本島の平和な沖縄考えて」

15日の復帰の日を前に糸満高校では14日、全校集会が開かれ沖縄の歴史教育者新城俊昭さんが「本当の平和な沖縄を考えてほしい」と生徒たちに訴えました。

新城さんは「戦後27年間、沖縄はアメリカ軍の統治下にあり軍による犯罪や土地の強制収用が絶えない無法地帯だった」として復帰運動に至るまでの沖縄の状況を説明。

「祖国という呼び名でいいのか、国家とはどうあるべきか、平和憲法とは何なのか一生懸命、沖縄の人は考えました」と当時の状況を生徒に伝えました。

講話を聞いた生徒は「今まで基地があるのが当たり前だと思ってきたけど当たり前ではないんだなと思いました」「5月15日が来たら、きょうは沖縄が返還された日なんだなとか復帰まで沖縄県民が思ってきたこととか振り返る事ができる」と感想を述べました。

新城さんは「基地を残すような復帰ではなく平和に発展できる沖縄を皆さんが考えてほしいと生徒たちに訴えていました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.