2012年4月25日 11時43分

オスプレイ7月配備計画 県民「これ以上の危険増やすな」と反発

突然のオスプレイの2012年7月配備の情報に、県や普天間基地を抱える宜野湾市では反発を強めています。

今回の報道を受け、県の又吉知事公室長は、中身について政府に確認を求めている。先日、田中防衛大臣が沖縄を訪問した際にもその説明はなかったと聞いていると不快感を示しました。その上で「県の姿勢としては、県民が不安を抱いている。今回の報道もまさにその表れだと。そのなかでオスプレイの配備には基本的には反対だ」と話しました。

さらに、又吉知事公室長は「2011年に県が防衛省に対して出したオスプレイについての29項目の質問状の答えも不完全。しっかりした回答をしてほしい」と話しました。

また6月17日にオスプレイ配備に反対する市民大会を予定している宜野湾市も反発を強めています。宜野湾市の佐喜真市長は「市長としてしっかり政府に求めていきたいし、まして6月に反対市民大会を開く現状において、そのような前倒し配備は極めて遺憾であると言わざるを得ません」と反発しています。

また宜野湾市民は「危険なのはこれ以上増やさないでほしいと思います」と話し、別の男性は「何度も落ちてるのは怖いですし、やはり来てほしくないと思います」、さらに別の女性は「やっぱり一番、住んでる市民の安全を考えてほしいと思います」と話しています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.