2012年3月31日 17時47分

田中防衛大臣 PAC3配備に地元の理解求める

田中防衛大臣は31日、仲井真知事らと会談し、北朝鮮が予告している「衛星」の発射に対応するため、PAC3配備などに理解と協力を求めました。

田中防衛大臣は31日午後、那覇市内のホテルで仲井真知事と会談し、北朝鮮が予告している「衛星」発射に対して自衛隊に「破壊措置命令」を出したことを報告。「国民の財産と生命を守るため」と説明し、PAC3の配備などについて「観光などに影響がないようにしたい」と述べました。これに対して仲井真知事は、十分対応して頂きたいと要請しました。

田中防衛大臣は知事との会談後には、PAC3が配備される那覇市や石垣市など4市長と意見を交わしました。

また田中防衛大臣は昼過ぎに恩納村で北部市町村長らと会談し、各市町村が抱えている課題などについて意見を交換。この中で稲嶺名護市長は、普天間基地の移設先としてあげられている辺野古沖について、改めて反対の考えを伝えました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.