2012年3月6日 18時32分

玄葉外務大臣 普天間の補修工事必要

普天間基地の辺野古への移設にこだわる日本政府。移設が実現すれば使わなくなるはずですが、玄葉外務大臣は普天間基地の大規模な補修の必要性に言及しました。アメリカ軍の再編が進まなければ、普天間基地の固定化につながりかねないとの不安の声も広がっています。

6日の閣議後の会見で玄葉外務大臣は、普天間基地の固定化はあってはならないとした上で、補修に関する質問に対し「本当に古くなって危なければ運用できない、その結果としてむしろ住民の皆さんを危険にさらすことにつながりかねない」と答えました。

佐喜真宜野湾市長は「中身がどういうものなのか、大規模な補修という話ですから。具体的な中身を確認して、対応していきたい」と話しています。

また、玄葉外務大臣は補修する場合の費用について、地位協定上、以前からある話だとして、日本側が一部を負担する考えを示しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.