2012年3月4日 17時47分

首里高校不発弾 住民1000人避難の中無事処理

那覇市首里で2011年に見つかった不発弾の爆破処理が、2012年3月4日、周辺住民を避難させて行われました。爆破処理された不発弾は、アメリカ製8インチ艦砲弾で、2011年11月、那覇市首里の首里高校改築工事現場で見つかりました。

信管の状態が確認できなかったため、現場で爆破処理することになり、3月4日午前8時前から周辺の383世帯、1088人を避難させ、道路も通行止めにして処理作業が行われました。

避難した住民は「戦争は二度としないでください」と話し、観光客は「そういうところもあるんだなぁという感じで、率直に怖かったですね」と驚いた様子でした。

交通規制や住民の避難は、安全が確認された3月4日午後2時前に解除されました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.