2012年2月29日 18時44分

県議会でも… 知事「書くべきがどうか“常識”で」

第32軍司令部壕説明板問題は29日の県議会一般質問でも取り上げられました。

仲井真知事は共産党・前田議員の質問への答弁で次のように答えました「言われるまでもなくそういう部分については県民の皆さんとほぼ一緒の感覚を持っているつもりでおりますが、ただこの、32軍壕の説明にですよ、慰安婦の問題、住民虐殺があったかなかったか、その場であったかなかったか、証言が確証得られないと言っている中で、書くべきことかどうかは常識でわかるじゃありませんか。従ってこれは、書きません、32軍壕というのは当時の司令部ですから、それがあったことをきちんと明記するということで十分ではありませんか」

これに対し前田議員は「検討委員会も全会一致で認めてるんですよ。そういう意味ではそれが県民の良識なんですよ。知事の良識はですね、県民の願いを踏みにじるそういう判断になるということを指摘して終わります」と質問を終了。

知事は「ご冗談を!なんだと思ってるの自分を・・・踏みにじるとか・・・」と憮然とした表情で答えました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.