2012年2月29日 11時43分

第32軍司令部壕説明板問題 県「住民惨殺」記述削除変更せず

第32軍司令部壕の説明板の文言削除をめぐる問題で、検討委員会の委員らが29日に県庁を訪れ、文案の再検討を要請しましたが、議論は平行線に終わりました。

県庁を訪れた委員らは「証言や資料の再検討をしないまま、設置作業を進めるのは拙速」だとして、再検討の重要性を訴えました。

池田委員長は「歴史の評価、歴史の資料というのは、文字そのものに表れてくることと、その背後を読んでいく作業が非常に必要になってくることがある。やはりもう一度、ちゃんと検証したほうがいい」と要請しました。

しかし対応した県環境生活部の下地寛部長は「慰安婦」や「住民虐殺」の記述を削除する方針に変わりはないとした上で、再検討の予定はないとの見解を示したため、議論は平行線に終わりました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.