2012年2月29日 11時44分

県議会一般質問 第32軍司令部壕説明板で質疑

第32軍司令部壕の説明板の文言削除をめぐる問題は、県議会の29日の一般質問で質疑が行われています。

29日午前中に質問に立った共産党の前田政明議員は、第32軍司令部壕の「慰安婦」や「住民虐殺」の文言削除について、改めて県の姿勢を質しました。

これに対し、県環境生活部の下地寛部長は、第32軍司令部壕の説明板について「司令部壕を沖縄戦の実相を語る重要な戦跡や平和教育学習の活用の場として設置するもの」であるとして、文言を復活させる考えはないとの考えを強調しました。

また仲井真知事は「第32軍壕の説明に、確証が得られない中で書くべきかどうかは常識でわかるのではないか」と述べ、第32軍があったということを書けば十分との考えを示しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.