2012年1月31日 18時30分

泡瀬埋め立て公金差し止め訴訟 原告「貴重な自然失われる」

泡瀬干潟の埋め立て事業に反対する住民らが、県などに公金支出の差し止めを求めている裁判で、住民側は事業によって貴重な自然が失われると改めて訴えました。

この裁判は泡瀬干潟の埋め立て工事再開に反対する住民らが事業に経済的合理性がないことなどを理由に、県や沖縄市に公金支出の差し止めを求めています。

那覇地裁で開かれた31日の裁判では、原告側の意見陳述が行われ、吉里伸さんが「泡瀬干潟は渡り鳥の渡来地。工事が始まって生態系の劣化が現れている」と主張。

また小橋川共男さんが「埋め立て計画は絵に描いたもち。経済的合理性どころか国民の血税の浪費、世界に誇れる自然を失う愚挙」と事業の中止を訴えました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.