2012年11月6日

検証動かぬ基地 vol.120 強行配備1カ月 (4)強行配備の背景

オスプレイ配備から1ヵ月。緊急特集をお送りしています。多くの県民の反対にもかかわらず、日米両政府は、予定通りにオスプレイを配備しました。なぜ、配備予定にこだわったのか。いや、こだわらなければならなかったのか。その背景には、アメリカのお国事情がありました...続きを見る

塩のこと教えマース!! 「粟国の塩」

きょうは初の離島「粟国島」から。40年に渡り塩作りを研究し、世界に粟国の名を広めた沖縄の塩の原点とも言える方を紹介します。 人口800人余り、今もなお昔ながらの自然が残る「粟国島」。各家庭の軒下には、貴重な雨水を溜めておく「トゥージ」と呼ば...続きを見る

那覇地区PTA連合会 「居酒屋への子ども同伴は夜9時まで!」

子ども連れで居酒屋で食事をする光景が珍しくない沖縄。PTA連合会が夜9時までの帰宅を呼び掛ける運動を展開することになりました。 会見を開いたのは那覇市・浦添市などの71校の小中学校のPTAでつくる那覇地区PTA連合会で、沖縄の夜型社会が子どもの健...続きを見る

中継 女性暴行事件・オスプレイ配備… 女性ら怒りの集会

10月に沖縄市で起きたアメリカ兵による集団暴行事件に抗議し、オスプレイ撤去を求める女性集会が那覇市で始まっています。 安心して暮らせる沖縄を取り戻そう。県内53団体の女性たちが超党派で集まりました。 こちらの会場には世代を超えた女性たちおよ...続きを見る

灯台の灯見守り20年

20年に渡って灯台の灯りを見守り続けてきた本部町の84歳の女性に、海上保安庁から感謝状が贈られました。感謝状が贈られたのは本部町備瀬に住む比嘉キヨさん(84歳)です。 キヨさんは灯台の監視協力者だった夫の亡くなった後、1992年7月から20年間に...続きを見る

日本民間放送連盟賞 「枯れ葉剤を浴びた島」が優秀賞

QABが制作し、5月15日に放送した報道特別番組「枯れ葉剤を浴びた島」が日本民間放送連盟賞のテレビ報道番組部門で優秀賞を受賞しました。 日本民間放送連盟賞は番組の質の向上と放送活動のよりいっそうの発展を図ることを目的に創設されたものです。 ...続きを見る

沖縄市 オートバイ 歩道の女性はね逃走

10月5日午後、沖縄市の県道で、女性がオートバイにはねられる事故があり、頭を打つけがをしました。 警察がひき逃げ事件として捜査を進めています。沖縄警察署によりますと10月5日午後6時45分ごろ、沖縄市知花の美里中学校近くの県道16号で...続きを見る

中学生殴打の米空軍兵 県警の任意事情聴取続く

読谷村で10月2日、酒に酔って中学生を殴り、けがをさせたアメリカ兵が、警察の事情聴取に対し「ひどいことをしてしまった」と話していることがわかりました。 県警は10月5日から、基地の外で任意の事情聴取をはじめました。空軍兵は当初、「酒に酔って覚...続きを見る

首里城 シロアリ被害の「守礼門」修復へ

県指定の有形文化財「守礼門」が、シロアリなどによる被害が大きく、10月5日から大規模な修復作業に入りました。 二千円札のデザインとしても有名な首里城の「守礼門」。今回は瓦を支える板部分と柱を支える「添え柱」と呼ばれる部分に、シロアリ被害や...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.