2012年9月27日

中継 普天間基地ゲート前 〝配備中止〟求め座り込み

オスプレイの強行配備にいよいよ市民が実力行使に出ました。徹底的に抗議する構えを見せています。 早ければ28日にもオスプレイが岩国から移動するとの防衛省が県などに連絡してきたことを受け、配備に反対し、基地のゲート前で座り込みをする市民らからも怒りの...続きを見る

宜野湾市議会 オスプレイ配備撤回求め決議

これまでに2度のオスプレイ配備に反対する決議をした宜野湾市議会は27日、配備撤回を求める抗議決議と意見書を全会一致で可決しました。 議会運営委員会の伊佐光雄委員長は「これまで沖縄への極度な基地負担を強いてきた日米両政府が、さらなる脅威の押し付けを...続きを見る

岩国基地 関係自治体招き体験搭乗

オスプレイ配備が迫り、沖縄で反発の声が高まる中、岩国基地では関係自治体や議会関係者がオスプレイに体験搭乗しました。 体験搭乗は午前10時過ぎから始まり、およそ90人の参加者が3つのグループに分かれて2機のオスプレイに乗り込みました。 中村記...続きを見る

オスプレイ配備あすにも 大山ゲート前でも抗議の座り込み

宜野湾市大山の普天間第一ゲート前でも早朝から座りこみが始まりました。普天間基地の二つのゲートの機能を止めることも視野に、オスプレイ配備の撤回を求めています。座り込みの人たちは「県民の声も聞いてよ!あなたたちにも想いはあるんだろうけど」と訴えます。 ...続きを見る

仲井真知事 米政府に直接要請を検討

県は、10月に仲井真知事がアメリカを訪問し、政府にオスプレイ配備中止を直接要請する方向で検討しています。これは27日の県議会の代表質問で、県民ネットの奥平一夫議員が質問に答えたものです。 県の又吉進知事公室長は、仲井真知事が来月下旬、ワシントンで...続きを見る

第2次普天間爆音訴訟 爆音のない静かな日々を!

普天間基地周辺の住民3129人が爆音のない静かな日々を求めて国を訴えた第2次普天間爆音訴訟の初弁論が27日、那覇地裁沖縄支部で開かれました。 第1次訴訟では騒音被害は認定されたものの、航空機の飛行差し止めは日本政府がアメリカ軍の運用を制限できない...続きを見る

森達也監督に聞く 誰も見たくなかったはずのドキュメンタリー

東日本大震災で、マスメディアが報道しなかった「取材する側」に焦点をあてたドキュメンタリー映画が那覇市で公開されています。 東日本大震災発生から2週間後、被災地に向かう4人の映画監督たち。破壊された街と家族を探す人々を前に、撮影する自分たち自身の姿...続きを見る

大型で非常に強い台風17号 あす昼すぎにも石垣島地方暴風域に

大型で非常に強い台風17号は、早ければ28日の昼過ぎにも石垣島地方が暴風域へ入る恐れがあります。台風が接近している石垣島地方では次第に風が強まってきています。 海はすでに大しけとなっていて、27日の午後から海の便はほとんどが欠航となっています。 ...続きを見る

オスプレイ配備 国からの連絡に市民怒りの抗議

一方、宜野湾市大山の普天間第一ゲート前でも市民ら30人余りが27日早朝から座りこみ警察と衝突しました。 さらに、抗議する人々は車をゲートの入り口で停止させ基地に出勤する車が入れず一時国道まで渋滞しました。 抗議行動に参加した人は...続きを見る

オスプレイ配備連絡 知事「誠に誠に遺憾」

27日、普天間基地周辺での抗議行動が続くなか仲井真知事は国からの配備の連絡に対し「誠に遺憾だ」と繰り返しました。 仲井真知事は27日、「そのころ(28日)に行くやもしれんという連絡があったようですな」「誠に誠に遺憾としか言いようが...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.