1 / 212

2012年9月19日

Qリポート 地位協定に翻弄される沖縄

復帰40年を迎えた沖縄ですが、基地問題もオスプレイ配備により一層不透明、地位協定についてもいまだに沖縄は翻弄され続けています。きょうはその始まりともいえるベンジャミン事件についてお伝えします。 1972年9月20日、金武町キャンプハンセン内。基地...続きを見る

尖閣諸島周辺 中国の監視船航行続く

18日に引き続き、尖閣諸島周辺の接続水域には19日午後4時現在、5隻の中国船が確認されています。現在、海上保安本部が警戒を続けています。 兼城カメラマンは「尖閣諸島沖合上空です。中国の監視船と海上保安庁の巡視船が停泊し警戒しあっています」とヘリか...続きを見る

仲井真知事 台風16号被害現場を視察

仲井真知事は19日、台風16号による土砂崩れや高潮の影響が大きかった本島北部地域をたずね、被害状況を視察しました。 先週末から沖縄を襲った台風16号は県内全域で猛威を振るい、農産物で4億円の被害が出たほか、おもに本島北部で道路が損壊し、通行止めと...続きを見る

県議会9月定例会 補正予算案約19億5000万円

県議会の9月定例会が19日に開会し、仲井真知事が総額19億5000万円余りの補正予算案など、議案45件の提案理由を説明しました。 今回の補正では、沖縄振興特別推進交付金を活用して行う事業に6億666万円、経済対策関連基金を利用した事業に7億200...続きを見る

東村高江 「安全宣言」の一報に反発

東村高江のオスプレイ用のヘリパッド建設現場で、19日朝、建設作業が再開されました。19日はオスプレイの「安全宣言」が出されましたが、低空飛行は訓練場の中でしかやらないという趣旨であり、まさにヘリの訓練場に囲まれた高江にとっては安全でないことが確定した日...続きを見る

政府「オスプレイ安全宣言」

日本政府は19日、アメリカ軍の新型輸送機オスプレイの安全を宣言し、21日にも山口県岩国基地での試験飛行が開始されます。 森本防衛大臣は「これによって飛行の安全性が担保され、国民の方々の生活に最大限の配慮が行われて」と話します。 日米合同委員...続きを見る

「安全宣言」に不信と怒り

この安全宣言を受け、県内各地で政府に対する不信と怒りの声が上がっています。 60代女性は「安全って言っても、それはそれは政府側の意見。住民は絶対安全ではないということを皆さんわかっている。絶対いけないことだと思います」、20代男性は「反対のほうが...続きを見る

オスプレイ 日米合意の中身は

スタジオには草柳さんです。きょうの安全宣言ですが、きちんとした内容を伴っているんでしょうか。 日米合同委員会のきょうの主な合意内容をまずは確認しておきましょう。 (1) オスプレイを運用する際の進入・出発経路は「できる限り学校や病院を含む人...続きを見る

鉄道全国制覇

鉄道ファンでもここまで極めると天晴れです。全国の鉄道すべてに乗ろうと、40年間チャレンジを続けてきた男性が19日、ゆいレールで全国制覇を達成しました。 一心に車窓を眺めるこちらの男性。大阪府出身の佐藤尚樹さんは、幼い時から電車が大好きという大の鉄...続きを見る

尖閣警戒続く中国船1隻接続水域内に

尖閣諸島付近では19日午前10時現在、中国の監視船1隻が接続水域で航行していて、海上保安本部が警戒を続けています。 KBC宮崎勝行カメラマンは「時刻は午前10時、尖閣諸島の上空です。海上保安庁の船が警戒のため巡視しています」とヘリからレポートしま...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.