10 / 23« 先頭...91011...20...最後 »

2012年7月19日

インフルエンザ注意報発表

県内では6月下旬からインフルエンザの患者数が増加していて、県は注意報を発表して予防を呼びかけています。 県福祉保健部によりますとインフルエンザの患者数が6月下旬から増加していて、県内58の医療機関の1医療機関当たりの患者数が15.05人と注意報...続きを見る

最大3000万円の助成 新たな観光メニューを募集

観光客の誘致が期待できる事業には、最大3000万円が助成されます。 新たな観光メニューの開発を目指す県の「元気プロジェクト」の説明会が19日に那覇市で行われました。「元気プロジェクト」は継続的に観光客を呼び込める新たな観光メニューを開発しようと、...続きを見る

那覇市久米 喫茶店で火災一時騒然

19日午前、那覇市で店舗の一部が焼ける火事があり、現場は一時騒然となりました。この火事によるけが人はありません。 建物の上の階にいた人は「外から大きな声が聞こえたので、何だろう?と思ってベランダに出たら、火事だ!逃げろ逃げろと言われた」と話しまし...続きを見る

県議会 識名トンネル問題で 百条委員会設置をめぐり空転

県議会は7月19日、6月定例議会の最終日を迎えましたが、識名トンネル問題の百条委員会設置を巡って、本会議は一時、空転しました。 本会議は、予定より15分遅れて始まりましたが、自民党会派が休憩を求めたため、会議は一時中断しました。 ...続きを見る

宮古島市 葉たばこの買い取り始まる

宮古島では、7月18日から葉タバコの買い取りが始まり、取り扱い所は活気をみせています。葉タバコの買い取りがスタートした7月18日、日本たばこ産業の取り扱い所には、生産農家や関係者などが訪れました。 買い取りに先立ってセレモニーが開かれ...続きを見る

2012年7月18日

辺野古アセス訴訟

国が普天間基地の辺野古移設に関して実施した環境アセスの方法書と準備書の手続きや内容に瑕疵があったとして、やり直しの義務があることを確認するこの裁判。環境アセスの柱となる「科学性」と「民主性」が認められるか否かが争点になっています。 裁判前に開かれ...続きを見る

オスプレイ反対県民大会 実行委員大会へ決意

県内の主要団体を網羅したオスプレイ配備に反対する沖縄県民大会の実行委員会が正式に発足しました。8月5日の大会の成功に向けて各団体が決意を示しました。 県市長会の翁長雄志会長は「やるからにはやる、ということでないといかんと思います。41市町村、県議...続きを見る

県警 詐欺事件押収名簿で事件防止対策

県警は全国各地で発生した詐欺事件などで犯人グループから押収した名簿を利用して、詐欺被害の防止を進めることになりました。 県警によりますと、警察庁はこれまで全国各地で発生した振り込め詐欺や金融商品を扱った詐欺事件などで、犯人グループから名簿を押収。...続きを見る

来月末から試験運行 電気バス完成披露

環境にやさしい公共交通を目指そうと、県が開発を進めてきた電気バスが完成し、18日にお披露目されました。新たに開発されたのは、電気で動くEVバス「ガージュ号」です。車体には、エコをイメージさせる「ガジュマル」のデザインが採用されています。 リチウム...続きを見る

昭和39年 辰年生まれ集まれ~

昭和39年度生まれ、辰年の人たちの大同期会が11月に宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれることになり、実行委員会が参加者を呼び掛けています。 このイベントは2012年が昭和39年、1964年生まれにとってはトゥシビーに、そして沖縄にとって...続きを見る


10 / 23« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.