2012年3月2日

「運動に反対するものではない」 辺野古区長らテント撤去を要請

名護市辺野古で、基地建設に反対するメンバーが設置したテントを撤去するよう辺野古区の代表者が2日に要請しました。反対運動を否定するものではないとしています。要請したのは辺野古区の大城区長や区民などおよそ30人です。 区民らは、委員会でテントの撤去を...続きを見る

識名トンネル不正受給問題 野党「税金で返還あり得ない」

識名トンネル建設工事の虚偽契約問題で、県は国へ返還する補助金5億円余りを一般会計補正予算案に計上していますが、県議会野党は県の責任を厳しく追及しています。 この問題は、県が発注した識名トンネル建設工事で虚偽の契約書を作成し、国の補助金5億円余りを...続きを見る

八重山教科書問題 中学生や保護者が仮処分申し立て

2012年4月から八重山地区の中学校で使用する公民教科書を巡り、生徒とその保護者が教科書を確認する仮処分を申し立て、2日、那覇地裁でお互いの主張を聞く審尋が開かれました。 この申し立ては、石垣市と与那国町の中学校に通う生徒とその保護者が、それぞれ...続きを見る

国際線の発着も 「下地島空港の活用を」

宮古島市の下地市長は、現在、訓練数の少なくなっている下地島空港に那覇空港発着の国際線を受け入れるなどして活用してほしいと、県に要請しました。 宮古島市の下地島空港は、民間パイロットの訓練のため運用されていますが、使用していた日本航空が経営不振を理...続きを見る

ダイキンオーキッドレディス開幕 初日・県勢の戦いぶりは

国内女子プロゴルフの今シーズンの幕開けを告げるダイキンオーキッドレディスが3日間の熱戦の火蓋を切りました。 108人の華やかな女性ゴルファーの競演、ダイキンオーキッドには県出身のプロ・アマも大会史上最多の13人が出場。 その中で気を吐いたの...続きを見る

13カ国に「めんそーれ!」世界青年の船が寄港

世界の青年たちが一つの船に乗り、世界各国を回る「世界青年の船」が那覇港に寄港し、2日に歓迎セレモニーが開かれました。 「世界青年の船」は1967年、若者の国際理解を深める目的で政府が就航させたもので、今回は世界13カ国から260人が参加、県内から...続きを見る

日本初!学生が開発したペットボトルキャップ分別機

建築資材などにリサイクルできるペットボトルキャップの分別機を、沖縄職業能力開発大学校の学生たちが開発しました。 これまで炭酸飲料用のゴムパッキンやシールなどがついたキャップは直接リサイクルができないことから、手作業で分別しなければなりませんでした...続きを見る

南城市大里 通信環境充実

かねてから光サービス提供の要望が強かった南城市大里地区1700世帯をカバーする通信環境の整備が整い、1日に記念式典が開かれました。 光サービスの開通によりこれまで1万画素の写真1枚のダウンロード時間が10分かかっていたところが1秒足らずで可能にな...続きを見る

仲井真知事 がれき処理可能なら受け入れ

仲井真知事は、政府が全国での処理を求めている被災地のがれき処理について、「調査した上で、可能であれば、受け入れるべき」との考えを示しました。これは仲井真知事が、2日の定例会見で、述べたものです。 知事は、東日本大震災で...続きを見る

ダイキンオーキッドレディス 熱い戦いきょう開幕

艶やかな女性達の戦いが2012年も幕を開けました。国内女子プロゴルフツアーの開幕戦ダイキンオーキッドレディスは2日が初日。県勢は総勢13人が挑んでいます。 2012年のダイキンオーキッド、女王奪還をかけ、地元での優勝を目指すホステスプ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.