20 / 23« 先頭...10...192021...最後 »

2012年2月5日

遺骨収集ボランティア 県議会に要請 DNA鑑定 県あげて要請を

沖縄戦の戦没者の遺骨をDNA鑑定し、遺族のもとに返すよう国に訴えている県内の遺骨収集ボランティア団体が3日、県議会議長へも要請しました。 ボランティア団体「ガマフヤー」は沖縄戦没者の遺骨はすべてDNA鑑定することを厚生労働省と口頭で約...続きを見る

宜野湾市長選告示 佐喜真・伊波 両候補が届出

普天間基地移設問題で注目を集める宜野湾市長選挙が5日告示され、これまでに県外移設を訴える新人と元市長の2人が立候補を届け出ました。 これまでに宜野湾市長選挙に立候補しているのは、前の県議会議員で自民、公明が推薦する新人の佐喜真淳さんと...続きを見る

美ら海水族館 入館2500万人

2012年、開館から9年を迎える沖縄美ら海水族館の入館者数が2500万人を突破。3日、記念式典が開かれました。 2500万人目の入館者は家族旅行で初めて沖縄を訪れたという中原さん一家。水族館からは認定証や記念品などが贈られました。...続きを見る

2012年2月4日

海兵隊グアム移転協議 県内反応は「歓迎」と「不信」

日米両政府が沖縄の海兵隊8000人のグアム移転を協議していることについて、県内では歓迎する一方、冷静に判断する声も聞かれます。 女性は「いいことじゃないですか。早く沖縄からなくしたほうがいいよ」と歓迎しましたが、別の女性は「見たときは、えっラッキ...続きを見る

沖縄高専プロジェクト サイエンスランド名護がオープン

子どもたちに科学技術に興味を持ってもらい、未来の人材育成に繋げようと、3日、名護市にサイエンスランドがオープンしました。 これは沖縄工業高等専門学校のプロジェクトの一環で、子どもからお年寄りまで幅広い年齢の人に科学技術に親しんでもらおうと作られた...続きを見る

日米両政府 海兵隊のグアム移転計画再協議へ

普天間基地の移設に伴い、海兵隊員8000人をグアムにまとめて移転する現行の日米合意について、2月3日夜、玄葉外務大臣は日米両政府で協議していることを明らかにしました。 玄葉外務大臣は記者団に対し「柔軟性を持って、アメリカ側と静かに協議をしていると...続きを見る

田中防衛大臣 真部防衛局長の更迭見送り

田中防衛大臣は宜野湾市長選挙に絡み、職員に「講話」をした沖縄防衛局の真部局長について、2月3日夜、更迭を見送りました。 田中防衛大臣は真部局長について「引き続き調査をする。本人自ら説明責任を果たさせる」として更迭を見送りました。そして処遇について...続きを見る

2012年2月3日

真部局長 国会で説明 防衛省の組織的関与は否定

宜野湾市長選挙に絡み、沖縄防衛局の真部局長が職員に対して投票を呼びかける講話をしていた問題で3日、真部局長が国会に参考人として出席し、自身の発案で講話をしたと証言しました。 3日の衆議院予算員会で真部局長は「講話につきましては、私自身が発意発案い...続きを見る

きょう節分 「鬼は外!」明るい声響く

2月3日は節分。那覇市の波上宮には多くの人が集まり、無病息災を願って豆まきが行われました。 節分祭は立春を1年の始まりとした時代に、厄を払って、福を招き入れるという新年の準備となった神事です。 3日朝、波上宮には裃姿の年男・年女はじめ600...続きを見る

八重山病院産婦人科医問題 知事「5月以降の医師確保」

産婦人科医が確保できず、2012年5月以降の分娩の受け付けが困難とされていた県立八重山病院ですが、県は3日に「産婦人科医は確保できた」と発表しました。 県立八重山病院は5月以降、産婦人科医が4人から2人に減り、分娩の受け付けの体制が整わなくなるこ...続きを見る


20 / 23« 先頭...10...192021...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.