2012年2月10日

稲嶺名護市長 ウェブ上院議員と会談

上院議員は、辺野古に新しい基地を造るのは現実的ではないと話したということです。普天間基地の辺野古移設に反対する県民の声を届けようと訪米した稲嶺市長は、民主党の大物議員・ジム・ウェッブ上院議員などと会談し、5日間の日程を終えました。 稲嶺市長は現地...続きを見る

ノロウイルスによる食中毒や感染症相次ぐ

県内でノロウイルスによる食中毒や感染症が相次いでいることがわかりました。 県によりますと、1月30日に南風原町の飲食店が調理・配送した食事を食べた児童ら44人が、下痢やおう吐の症状を訴えました。県で調査した結果、患者と調理者合わせて20人からノロ...続きを見る

さとうきびの生産振興計画案 審議

2011年相次いだ台風の襲来で打撃を受けたさとうきびの振興を図ろうと、県が県農政審議会に対し、生産振興計画案を諮問しました。 さとうきび生産振興計画案の諮問は、知事名で比嘉俊昭農林水産部長から小那覇安優議長に手渡され、計画案の審議が始まりました。...続きを見る

藤原和博さん講演会 地域の人たちと学校で連携を

民間人としては初めて東京都の公立中学校の校長を務めた藤原和博さんの講演会が9日、浦添市で開かれました。 藤原さんはリクルートの出身で、2003年から5年間、杉並区立和田中学校で校長を務めました。この間に地域の大人たちを学校に招き講義してもらう「よ...続きを見る

福島から雪のプレゼント

福島から沖縄へ冬の贈り物です。福島県の雪だるま親善大使が浦添市の小学校を訪問し、雪をプレゼントしました。沖縄の子どもたちに雪を届けにやって来たのは、福島県猪苗代町の雪だるま親善大使です。 大使の森川恵さんはそりや雪合戦など、雪の楽しみ方を紹介。浦...続きを見る

2012宜野湾市長選 選挙リポート 「普天間」それぞれの主張は

今月12日に投開票される宜野湾市長選挙。立候補しているのは、届出順に前の県議会議員の佐喜真淳さんと元市長の伊波洋一さんの一騎打ちになっています。 宜野湾市が抱える大きな政策課題のひとつ基地問題。普天間飛行場の移設については、双方とも県外を主張...続きを見る

韓国の中・高校生 日本でスピーチ

韓国で、日本語を学ぶ生徒による日本語弁論大会が、10日に那覇市で開かれ、日頃の勉強の成果を披露しました。 流暢な日本語を話す生徒たち。実は、全員が韓国で日本語を学ぶ中高生です。この弁論大会は日本と韓国の文化、経済交流を促進しようと韓日経済文化交流...続きを見る

沖縄振興、駐留軍用地 2法改正案を閣議決定

政府は10日、沖縄関連の2つの特別措置法改正案を閣議決定しました。10日中に国会に提出します。閣議決定したのは、3月末で期限切れとなる沖縄振興特別措置法と駐留軍用地返還特別措置法の改正案です。 振興特措法の改正案には、振興計画...続きを見る

遺骨収集団体 戦没者のDNA採取要請

沖縄戦で亡くなった戦没者の遺骨をDNA鑑定し遺族の元に帰そうと、遺骨収集ボランティア団体が9日に厚生労働省を訪れ、DNA鑑定に必要な遺族のDNAの採取を行うよう要請しました。 厚労省社会援護局を訪れた「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さん...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.