2011年12月19日 18時43分

大田元知事 稲嶺元知事も… 「評価書提出断念」意見書に賛同

普天間飛行場の辺野古移設に伴うアセス評価書を巡る問題で、12月、県議会が可決した政府に提出断念を求める意見書に元県知事らが賛同するアピールを行いました。

アピールを行ったのは、県内の元大学教授やジャーナリストらのグループです。メンバーには、元県知事の大田昌秀さんや稲嶺恵一さん、前宜野湾市長の伊波洋一さんらも名を連ねています。

元沖縄大学学長の新崎盛暉さんは、「普天間基地の県内移設反対は今や県民の総意。地域の意思が存在しないかのように、手続きを進めようとする日米両政府に、オール沖縄で、反対の意思表示をしていこう」と呼びかけました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.