2011年12月1日 18時32分

沖縄戦で被害 謝罪と賠償を

沖縄戦で被害を受けた遺族などが、2012年に提訴を予定している国を相手に謝罪と賠償を求める訴訟に原告としての参加するよう県民に呼びかけています。1日に会見を開いたのは、沖縄・民間戦争被害者の会です。

被害者の会では2012年の慰霊の日までに、国を相手に、沖縄戦で被害を受け、未だ補償がされていない民間人に対する謝罪と賠償を求める訴訟を起こす予定です。

代理人の瑞慶山弁護士は「民間人が沖縄戦の被害補償を求めるのは人間としての尊厳と人間性の回復を求めるものだ」と訴えました。

会では当面の間、原告の目標を100人としていて12月15日に那覇市内で、裁判の説明会を開くということです。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.