2011年10月27日 11時45分

総理 知事へ 環境影響評価書年内提出を伝える

野田総理は、27日朝、仲井真知事らに対し、普天間基地の辺野古移設に向けた環境影響評価書を年内に提出することを正式に伝えました。

仲井真知事や、儀武金武町長、稲嶺名護市長など、軍転協=軍用地転用促進・基地問題協議会のメンバー12人は、27日朝、野田総理を訪ね、直接要請書を手渡しました。

要請書では、普天間基地の県外移設などを求めていますが、野田総理は、仲井真知事に対して辺野古への移設を進めるための環境影響評価書の、年内提出の準備をしていることを正式に伝えました。

仲井真知事は「評価書を提出する準備をしているという趣旨のことを言っておられました」「おいでくださいと申し上げましたよ(返答は?)ないです、むろんむろん」と話しています。

軍転協は、一川防衛大臣やアメリカのルース駐日大使にも同様の要請をすることにしています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.