2011年10月1日 11時56分

8月雇用 有効求人倍率0.26倍と低い

8月の県内の有効求人倍率は0.26倍で、2002年1月以来の低い水準になったことが9月30日に分かりました。県のまとめによりますと、8月の完全失業率は7.4%で、前の月に比べて0.1ポイント悪化しました。

また、有効求職者数は4万8368人で、前の月に比べて6.6%増加しているのに対し、有効求人数は1万2685人と前の月に比べて0.5%の増加に留まり、その結果、有効求人倍率は0.26倍と2002年1月以来の低い水準で、求職者数は増えても働き口が増えない現状が浮き彫りになっています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.