2011年6月29日 18時41分

おじぃちゃんおばぁちゃんの命薬 読谷山花織の織子は88歳

News Photo

おじぃおばぁの命薬。きょうは読谷村楚辺の桃原トミさん(88歳)。トミさんが取り組んでいるのは・・・。

読谷山花織。読谷村の伝統的な織物です。花織は手だけじゃなくて、全身を使う必要があるんですよね。

トミさん「うん、足も手も頭も(笑)。頭は今何するかな、ドコに何いれる(模様)って考えてから。足で引っ張ったら穴開くからね、こうやって模様ができるわけ」

とってもきれいな色使い。模様がひとつひとつ違うのも魅力的ですね。

News Photo

トミさんは、どんな方ですか?

「工房のアイドルです♪」

工房の皆さんにカチューシャをセットしてもらい・・・

トミさん「きれい?ありがとう、ありがとう♪」

トミさんの周りにはいつも笑顔がたえません。歌に踊りに、まさに工房のアイドルです♪

News Photo

そんなトミさんの命薬~。お孫さんが毎日作ってくれるヘルシーな日替わり弁当です。

トミさん「おいしい、とってもおいしい、ふふふ。毎日おいしいおいしいといって食べてる」

トミさんにはある夢があります。

トミさん「夢はね、孫達が元気でいい旦那さん探して生活を楽しくするように。孫のことばかり考えている。可愛いですよ。とっても!親思い、おばー思い。家族の事良く考える」

News Photo

トミさんの元気の源は、お孫さんですね♪これからも素敵な花織を織り続けてくださいね♪

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.