2011年6月8日 18時44分

沖縄労働基準監督署 作業員死亡で現場責任者を書類送検

2011年2月、沖縄市で掘削作業中のショベルカーのアームが男性作業員に当たり男性が死亡した事件で、沖縄労働基準監督署は現場の責任者を労働安全衛生法違反の疑いで書類送検しました。

この事件は2011年2月28日、沖縄市の建設工事現場で穴の中で測定作業をしていた当時65歳の男性の頭に掘削中のショベルカーのアームが当たり男性が死亡したものです。

労働基準監督署は「現場責任者が作業中の建設車両の周りに人を近づけないなどの処置を行わず被災者をその現場に立ち入らせて作業をさせた」と調査結果を発表。労働安全衛生法違反の疑いで7日、28歳の現場責任者を書類送検しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.