2011年4月21日 11時44分

原発導入に向けた研究中止を

福島原発の事故を受けて社民党県連は20日沖縄電力が行っている原発導入に向けた研究を中止するよう求めてほしいと県に要請しました。

上原副知事を訪ねた社民党県連の議員は、沖縄電力が数年前から、小型原子力発電所の導入可能性を研究していることをあげ、「研究の中止を県から求めてほしい」と要請しました。

仮に原発計画が持ち上がった場合、県知事は海の埋め立てや山林の開発などに関する、許認可権を持つことになり、知事の意見が計画を左右することになります。こうしたことから議員らは、「県としても原発はいらないという姿勢を表明すべきだ」と詰め寄りました。

上原副知事は、「福島原発事故の前と後では基本的な考え方も変わってくるのでは」と述べ今のところ計画はないとの立場を示しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.