2011年3月31日 18時28分

県高校野球春季大会 糸満などベスト4決まる

第1シード興南や第2シード沖縄尚学が3回戦で破れる波乱の展開となっている季高校野球大会はきょうが準々決勝!ベスト4、夏のシード4校が決定しました。

去年秋の2回戦と同じ顔合わせとなった第1試合、宮古対糸満。先制したのは、秋に勝利した宮古でした。

2回まで毎回得点で2対0とリードする宮古は3回、2アウトながら二塁三塁のチャンスにバッターは6番、久貝信!つまったあたりながら、深めの守備をしいた糸満のレフト前に落ちる2点タイムリー!4対0と点差を広げます!

一方、宮古の先発・エース平良誠弥の前にノーヒットに押さえ込まれていた糸満でしたが4回、フォアボールでランナーを一塁に置いて、2番・当間のあたりは右中間を深々と破るタイムリー3ベース!反撃ののろしをあげると、続く3番・神里和毅の犠牲フライで当間が帰り、糸満が2点を返します。

続く5回、糸満はキャプテン宮城拓幸のタイムリーでさらに1点を返すと、再びランナーをためて、打席には2番・当間!当間の2打席連続タイムリーで、糸満が同点に追いつきます!

試合はそのまま延長戦に入り、迎えた延長10回、糸満の攻撃。1アウトランナーを三塁で、1番・大城護彰。スクイズを決め、糸満が逆転に成功します。

しかし宮古もそのウラ、1アウト満塁のチャンスを迎えます。打席には、この試合当たっている6番・久貝信。スクイズは考えず強攻策を取った宮古、最後はダブルプレーに倒れ、ゲームセット。糸満が秋の雪辱を晴らしベスト4進出です。

続く第二試合、八重山対嘉手納は9回の表、先攻めの嘉手納が2点を先制すると八重山もそのウラ2点を返し同点で延長へ!しかし最後は嘉手納が逃げ切って22年ぶりのベスト4進出です。

準決勝はあさって土曜日、セルラースタジアムで行われます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.