2011年2月23日 11時45分

仲井真知事 新年度に訪米を検討

仲井真知事は普天間基地の問題解決などのため新年度に訪米し、アメリカ政府に沖縄の現状を訴える考えを改めて示しました。

2月23日の県議会代表質問では社民・護憲の崎山嗣幸議員が、普天間基地の移設問題に関連して鳩山前総理の発言や、知事のスタンスを改めて質しました。

これに対し仲井真知事は、「鳩山前総理の一連の発言は、県民の納得のいく発言とは言い難く、遺憾である」と述べたうえで、現状を踏まえると県内移設は不可能であり、日米共同発表の見直しを求めたいとの考えを示しました。

また訪米については「アメリカ政府や連邦議会に沖縄県の実情を伝え、理解と協力を求めることは基地問題の解決を進める上で重要であり、来年度効果的な訪米ができるよう検討したい」と答弁。しかし訪米の時期については明言を避けました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.