2011年2月18日 18時45分

高江ヘリパッド工事 住民と防衛局の緊迫続く

東村高江のヘリパッド建設現場では、工事を強行する沖縄防衛局側と、ヘリパッド建設に反対する住民側とで2月18日も緊迫した状況が続きました。

高江の現場では、2月18日も防衛局の職員と作業員らが工事をおし進めようと、住民の制止を突破するなど騒然としました。

現場には高江の状況を確認したいと、県出身で長野県在住の作家の伊波敏男さんが、訪れましたが、「住宅地に近い」と危険性を訴え防衛局の姿勢を批判しました。

その伊波敏男さんは「どうして乱暴にね、急いでヘリパッド基地を造る必要があるのかということを、本当に、頭に血が上りますね」と憤りました。

また伊波さんは、高江の現状が長野でまったく知られていないと、「一日でも早く地元に戻り現状を報告したい」と話しています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.